すみっコ日和~Perfect day for sumikko~

すみっコぐらしが大好きなすみっコ日和のブログ

かわいいバッグを買ったよ!

こんばんは( *´艸`)

先日お店の方にお願いして購入させていただいたバッグが到着しました!くすみピンクのもふもふバッグ!ラビットファーなのでふさふさ柔らかな肌触りが気持ちいいです。お店のスタッフさんがコロナ禍で試行錯誤してインスタライブで紹介してくださったりして洋服もバッグなどアイテムもわかりやすく伝えてくださっています。

f:id:sumikko335biyoriiro:20211029211318j:image

秋前に入荷していた4色展開のこちらのバッグ、入荷した時からLINEのタイムラインやインスタグラムなどで見ていましたが、お店に行けないから…となんとなく購入したいものがあっても「見てるだけ」になっていたのですが、先日のインスタライブの時にチラッと映ったので店員さんにお願いして購入させていただきました!

 

 


f:id:sumikko335biyoriiro:20211029211344j:image

f:id:sumikko335biyoriiro:20211029211346j:image

すみっコぐらしのねこさんのレポで伝わりますかねwww

すっごく素敵なバッグを購入させていただき、感謝しかないです。本当は今月末で退社される方がいらっしゃるので本当ならば会いに行きたかったのですが、私にはそれは叶わなかったので…申し訳ない気持ちですね。このバッグは大切に大切に使います!いつもどのバッグも大切に使っていますよ( ^ω^ )

モノと記憶と思い出、記念…こうして大切なモノの存在がうまれてくるんですね!

 

ショップ情報

www.asean-trd.co.jp

 

 

 

今日はすみっコぐらし学園、卒業式です!

正直すみっコぐらし学園を卒業するのはイヤです!定期テストも学校サイトで楽しめる掲示板や授業や、校内行事なども本当に楽しかったので、学生の意見は関係なく学校の運営の問題だったのでしょうか?私たちは卒業します…(T . T)


f:id:sumikko335biyoriiro:20211029213858j:image

f:id:sumikko335biyoriiro:20211029213843j:image

f:id:sumikko335biyoriiro:20211029213849j:image

我が家のすみっコぐらし学園の生徒たちも卒業をさせてあげようと思って、先ほど遊びつつ撮影をしていました!(ブログ更新が遅くなってごめんね)

 


f:id:sumikko335biyoriiro:20211029213855j:image

f:id:sumikko335biyoriiro:20211029213853j:image

f:id:sumikko335biyoriiro:20211029213846j:image

教室の中で友達といつもと変わらず話したり、笑ったり、すみを取り合ったり…また明日も通っていくかのように楽しそうです。

私も高校の卒業式ってそんな感覚でした。卒業する実感がなくって…先生が正装して教室に入ってきた瞬間に急に緊張感が出てきてドキドキしたかなwww

 


f:id:sumikko335biyoriiro:20211029214053j:image

f:id:sumikko335biyoriiro:20211029214051j:image

f:id:sumikko335biyoriiro:20211029214056j:image

学園長のお言葉をいただきながら、卒業証書授与です!それぞれの生徒に個性があるようにそれぞれの性格を尊重しながら、思いやりに溢れた学園生活だったと思います

すみっコぐらしは本当にやさしい思いやりのあるキャラクターで、でもすっごく小心者なんですね∩^ω^∩私もそんなすみっコぐらしに共感できて大好きなんです。

 

高校では文化祭や体育祭も楽しんだし、生徒会にも入りました!不思議とこの頃は身体が不調になることがなくて毎日を思いきり楽しめていました!

中学校では考えられない高校での生き生きした自分が好きでした。


f:id:sumikko335biyoriiro:20211029214118j:image

f:id:sumikko335biyoriiro:20211029214123j:image

f:id:sumikko335biyoriiro:20211029214121j:image

すみっコぐらしたちは今日をもってすみっコぐらし学園を卒業しますが、いつまでもこの日の思い出には帰ってこれる!こうしてみんなで歌を歌うこともなくなってしまうんだね。

高校を卒業した日、卒業式を見届けてくれたのは母でした。母は受験の合格発表も、高校の入学式も見届けてくれました。父を今になっても好きにも大切にもなれないけれど…母は今考えるといつも来てくれたんだよね。私は卒業したらまずは合格した就職先へいくのだけれど、いつかは上京するんだって決めてた。一番の理由は父から離れたかったこと。二番目の理由は阪神・淡路大震災があってまだ数年だったから。

こうして学生時代を思い返すと…いつも母の顔が思い出される。母は元気だろうか?時々手紙を書いて送ってくれる。日常を伝えてくれる手紙もあるけれど私の誕生日にはいつも送ってくれる愛情の深い方だ。

 

 

 

今日もお疲れ様でしたm(_ _)m

f:id:sumikko335biyoriiro:20211029214352j:image

今資格取得に向けて新しいスタートへ向けての勉強に励んでいる。その中で「記憶」について勉強していて考えることがある。学生時代には想像もしなかったことの一つ。私たちは少しづつ進化してく中で40歳くらいの年齢を迎えると老化という言葉でまとめるのは語弊はあるけれど、衰えていくモノがある。そこに病気などが追加されるとまた大きく変化していくんですね。

思うように身体が動かせないことは私の場合はまだ一時的であり、病気であることがわかっているので多少は受け入れて、多少は諦めて…みたいなバランスにより保てている。では、記憶、というものは日々の中で未知との不安があるんですよね。夫婦の会話でもここ数年お互いに「あれ!」「ほら!あのー」とか漠然とした明確ではない何かを指す、伝えようとする会話が増えてきた気がします。共通の生活空間にいる夫婦であればなんとなく察するものがありヒョイ!と希望のものを渡すことができたりするのですが、時には全く伝わらないこともあって…www それがきっかけで笑えることもあるけれど、喧嘩になることもあるんですよね。目に見える形で衰えたり、動かなくなったりするものとは違う「脳の老化」は避けたくても避けられない気がするので未知の不安?

時々学生時代や、就職していた頃のことを思い出すときに不思議と記憶って整理され、削除されていくんだなぁって思います。記憶の中に優先順位があるのでしょうね。どのような理由で整理されていくのかはわからないけれど、消したいくらいイヤな記憶ほど残ってる矛盾ってありますね(^◇^;)

 

明日も皆さんが笑顔で過ごせますように

STAY SAFE.
明日も笑顔でいい日になりますように